一戸建て売却の媒介契約について

 

【一戸建て査定・売却で損しないコツ】戸建て住宅を売る予定の方へ

 

人生の中で一度は体験するかもしれない一戸建ての家を売ると言う行為。大きな売買の契約ですからもちろん注意しなければならない点はたくさんありますし、媒介契約しないほうが良い不動産業者もいます。

 

まず一戸建てを手放す際に必要なのは登記簿謄本や売買契約書、土地の測量図などが最低限必要になります。そして後に印鑑証明や身分証明などもろもろが必要となります。業者によって様々ですのでしっかりと確認を行ってください。家を手放す際注意しなければならないのは「相場を知る」ということです。

 

一つの不動産だけに査定してもらうと相場が分かりません。なので複数の不動産に査定をお願いします。また、ネットでも見ることができるような物件を検索し売る家の付近の土地の相場や似たような家の相場などを下調べしておくことも重要です。面倒くさいといって知り合いの不動産など断ることが難しい不動産にお願いするのはあまりお勧めできません。

 

もちろん相場の確認や比較してもらったり高い値を付けてもらうことはいい条件と言えます。信頼できる方であればお願いするのもいいかもしれません。しかし、他の査定のほうが高いのに知り合いだからと言う理由で断ることができないという場合は残念ながらいい取引ができるとは言いかねます。

 

なので知り合いも含め様々な不動産に見てもらうことが一番良いでしょう。また、知り合いなどでなくともこちらが売りたいと言う意思を持っていることを逆手に大きい態度を取ってくる業者も中にはいるでしょう。売りたいと言ってもあくまでこちらは大切な一軒家を決心して売ることを決めた身です。そんな大きな態度をとる業者や、常識の範囲を超えた接客をするような不動産は信用できません。

 

また、説明不足や聞いても分からないなどの反応をする業者も同様です。接客態度や説明の丁寧さなども重視してください。一戸建ての家を手放すのは人生の中でも大きな決心とも言えます。それが自分の家でなくとも持ち主のことを考えれば悩んだはずです。納得して売ることができるよう不動産選びは慎重に行ってください。

 

 

一戸建て査定価格の高い不動産会社を選べばいいのか?

 

【一戸建て査定・売却で損しないコツ】戸建て住宅を売る予定の方へ

 

自分たちが住んでいた一戸建て住宅を売る 場合には何を重要視して考えるべきでしょうか。この点、売却額が重要になると考える人がほとんどではないでしょうか。売却額が重要になるのは、一戸建て住宅を売却した後でもまた別の家を探して購入するからです(もちろん借りる場合もありますが)。

 

このときに売却額が安ければ希望した家に住むことができなくなるかもしれないのです。そこで、いくらぐらいで売却をすることができるかを知りたい場合には査定をする必要があります。査定は普通不動産会社の担当者が自宅に来てくれ、計算をしてくれます。一社だけだと心許ない場合には、複数の不動産会社に査定をしてもらってもいいでしょう。

 

複数の不動産会社から査定をとると、その査定額にばらつきがあることがわかります。たいてい近い数字なのですが、たとえばA社とB社、C社の三つの会社に査定をしてもらった場合にA社では2000万円、B社では2100万円、C社では2200万円というようにばらつきがあるのです。

 

このように、どうしてもばらつきがありますが、普通はこの中で1社に絞るとすれば一番高い額を提示したC社に売却をお願いするのではないでしょうか。

 

ですが、現実的な話をすれば提示されたその額で売れるかどうかはまた別なのです。最低額が売却価格というわけでなく、実際にはもう少し安く売却されることが多いわけです。では、なぜC社は実際に売れるはずもない高い額をわざわざ提示したのでしょうか。

 

実は、不動産会社の中には自社でより多く物件を取り扱おうとするため、査定の段階で実際に売却されるであろう金額よりも2割ぐらい高い金額を提示するのです。ですので、提示された金額で売却ができると喜んでいると後で現実の前に頭が真っ白になってしまうかもしれません。

 

最初は査定額で販売しますが、数ヶ月経過してもなかなか売れずに少しずつ額を下げて行くことになるのです。そのようなことにならないようにあまり欲張らずに不動産会社選びをしましょう。

一戸建て売却時の仲介会社の広告活動にもいろいろ

 

【一戸建て査定・売却で損しないコツ】戸建て住宅を売る予定の方へ

 

一戸建てを売る際は、不動産会社がどんな広告活動をするかが大事です。一戸建てを買いたいと物件情報を調べている人に、どれだけ広くその情報を伝えられるかが、売るためには重要なポイントです。広告活動次第で、売れるまでの期間も変わってきます。早く売りたい時は、広告活動を充実させなければなりません。

 

では、どんな内容の活動なのかですが、まずは、レインズへの登録です。レインズとは、不動産相互間の不動産物件情報交換システムです。登録すると、物件情報が全国の不動産業者に届きます。これは日本中の不動産会社にその物件情報を知ってもらえるので、非常に重要な広告活動です。

 

次が、インターネットです。これは、不動産会社が自社のサイトに載せたり、不動産物件情報を扱うサイトに載せたりします。インターネットは、最も手軽で広い範囲にまで情報発信できる、非常に便利な広告活動です。そして、現在の広告活動の中でかなりの割合を占めており、これを上手く活用できるかで大きく違いが出ます。

 

次が、店頭での広告活動です。これは、不動産会社に来店したお客さんに店頭で物件情報を提示したり、要求する物件に合致しそうな見込み客を知っている場合にダイレクトメールを送ったりする活動です。よく不動産会社の窓ガラスに貼ってある物件情報もこれに当たります。不特定多数に対する広告活動ではなく、特定の人物への広告活動です。

 

そして次が、郵便による広告活動です。これは新聞への折り込み広告や、各家庭の郵便受けに物件情報のチラシを入れるポスティングなどの活動です。これは、積極的に物件を探している人や、少しだけ興味がある人や、あまり興味がない人まで、すべての層の人達の目に触れることが一番の魅力です。

 

このように、様々な広告活動があります。もし、一戸建てを売りたいと考えた時、例えば、広く宣伝して早く売りたいならあらゆる手段で広告を出すことが可能ですし、あまり知られずに売りたいという時は情報を限定することも可能です。それぞれに合った広告活動がいろいろあります。

一戸建ての売却には様々な費用がかかる?

 

【一戸建て査定・売却で損しないコツ】戸建て住宅を売る予定の方へ

 

一戸建てを売るというと、こちらに代金が支払われるというイメージはありますが、逆に支払うべき費用があるということを知らない人もいます。じつは売る際にいくつかの手続きがあり、その度に費用がかかります。

 

まずは、不動産業者への媒介手数料です。一戸建てを売る時は、ほとんどの人が不動産業者に依頼します。その場合、売買契約が成立したらその成功報酬として、売却を依頼した不動産業者に媒介手数料を支払わなければなりません。支払方法は、売買契約を結んだ時に半額、そして決済の時に半額というケースがほとんどです。

 

次が、住宅ローン繰り上げ返済の手数料です。もしローンが残っていたら、一戸建てを売った代金で残りのローンを返します。それは繰り上げ返済という形になるので、銀行にその分の手数料を支払います。

 

そして次が、抵当権の抹消費用です。これは家の登記簿についている抵当権を外すという意味で、ローンが残っていた場合に支払うもので、司法書士に依頼します。そのため、抹消登記の登記免許税と、代理で登記する司法書士へ支払う報酬が必要です。そして次が、売買契約書の印紙代です。これは、家を売る際は必ず契約書に収入印紙を貼らなければいけないためです。印紙代は契約価格にもよります。

 

次が、測量代です。もし契約条件に、土地を実測して引き渡すというものがあれば、測量代が発生します。この費用は、その土地の広さや形状、物件の年代によっても違いがあります。そして次がリフォーム代です。もし契約時にリフォームして引き渡すと契約書を交わしていたら、その分のリフォーム費用も出さなければなりません。

 

次は税金です。一戸建てを売った際には、譲度所得税を支払わなくてはなりません。しかしこれは、いろいろな軽減措置があるので、かかる場合とかからない場合があります。そして最後に忘れてはならないのが引っ越し費用です。これは業者によって金額もサービスも様々です。

 

このように、一戸建ての売却には様々な費用がかかりますが、それぞれのケースによってかかる費用も違うので、自分の場合はどうかと照らし合わせて計算してみて下さい。

一戸建てを売るべきか?貸すべきか?

 

【一戸建て査定・売却で損しないコツ】戸建て住宅を売る予定の方へ

 

人生には不測の事態がつきものです。せっかく夢の一戸建てを購入したのに、転勤や離婚、故郷へのUターンなど様々な理由から、夢の一戸建てを離れなければならないという状況になることもあります。そんな時、売るべきかそれとも賃貸として貸し出すか、選択を迫られますが、このような経験はなかなかないですから、おそらく判断に困るでしょう。

 

つまり、売るのと貸すのとではどちらが得かということですが、結論から言うと、それは売るべきです。それにはいくつかの理由があります。

 

まず1つ目は、賃貸だと経費が掛かるということです。一戸建てを所有していれば当然固定資産税もかかりますし、管理費も支払わねばなりません。そして、家は時間の経過とともに劣化していきますから、定期的に修繕費がかかります。せっかく家賃収入があっても、これだけの支払い義務が生じるのです。

 

そして2つ目は、毎月きちんと家賃収入が入る保証はないということです。その物件の周辺環境によっては、なかなか入居者が見つからないということも考えられます。特に、一戸建てはマンションと比べると、物件を探す人の割合が少ないので難しいということもあります。しかし、入居者がいない時でも、税金は払わなければなりませんし、修繕費やハウスクリーニング代も定期的にかかります。また、せっかく入居しても家賃を滞納されることもあります。

 

3つ目は、早く売った方が高く売れるということです。家の価値は年々下がっていきます。特に、一戸建ては住めば住むほど価値が下がっていきますから、今より高くなるということはありません。もし将来戻ってきて自分が住むという予定がないのなら、価値が下がる前に売った方が得です。

 

4つ目は、売ってローンの残債を無くした方が負担が少ないということです。賃貸でも家賃収入で支払えるように見えますが、実際は毎月収入がある保証はありませんし、税金や管理費や修繕費などもかかります。それなら価値が下がる前に売った方が得です。

 

このようにあらゆる面から総合的に判断して、売った方が得と判断できます。誰でも損をするのは嫌ですし、売って身軽になって心機一転するのも良いかもしれません。