片手仲介と両手仲介の違いとは?

 

一戸建て売却の時の「両手仲介」の解説

 

一戸建ての住宅を売りに出そうと考えた場合、ほとんどの場合で不動産業者に仲介を依頼することになります。やはり、住宅を売るというのはあまりない経験なので、普段聞かない専門用語や慣れない手順など、不安要素が多くあると思います。そこで、わかりにくい用語の一つである、両手仲介をご説明します。

 

不動産業者に依頼した場合、買い手が決まると、不動産業者に仲介手数料を支払うことになります。この仲介手数料は、住宅の販売金額などから計算されます。また、買い手側も、不動産を探す際に依頼した不動産業者に仲介手数料を支払います。

 

両手仲介は、この仲介手数料を一社の不動産業者が独占して受け取ることを言います。その他に片手仲介というものもあり、売り手側は売り手側の不動産業者に、買い手側は買い手側の不動産業者に、それぞれ仲介手数料を支払うものです。そのため不動産業者2社が仲介手数料を受け取ります。

 

それに対し両手仲介は、買い手側の不動産業者が買い手を見つけて契約をした場合、一社の不動産が買い手と売り手の仲介をしたことになるため、買い手側と売り手側の仲介手数料を一社が受け取れることになります。

 

片手仲介に対し、両手仲介は2倍の仲介手数料を受け取れるため、不正を行って契約を取ろうとする不動産業者がいる場合があります。他の不動産業者が買い手を見つけてこないように、売買情報を隠したり、物件の宣伝を十分にしない場合などが考えられます。

 

また、物件に関する問い合わせがあっても、交渉中などと嘘をつき、断る場合も考えられます。そうなった場合、売却までに非常に時間がかかってしまう恐れがあります。また、他社より早く売却しようとするあまり、相場よりも安く売却される恐れもあります。

 

両手仲介は通常でもあり得ることですが、積極的に両手仲介を狙っている不動産業者はあまり好ましくないため、依頼をする不動産業者をしっかりと選ぶことが、住宅を売る際に重要です。