サブリース(空室保証)って知ってますか?

自分の保有する敷地内にアパートを建築し、いわゆる「大家さん」になり、家賃収入を得るのは
土地活用にも資金活用にもとても有効で、いまや不動産業界は、これを打ち出して、
あちらこちらで、「大家さんになって、働かなくても収入を」のような広告を出しています。

 

しかし、これは貸し出すアパートがとても人気で、常に満室状態という場合に限り。ということを覚えておきましょう。
そのためには最新の設備を投資したり、流行りのデザインにしたりと、初めの投資は惜しまない覚悟が必要です。

 

津押し額が多いか少ないかにより、今後の入居率が左右されるのです。
人気がでないで、空室状態が続くと、はっきり言って、赤字になります。

 

しかし、そういう場合に、そのアパート管理してくれている不動産会社がサブリース(空室保証)の保証内容があれば別です。
たとえ空室が続いても、必ず家賃が入る仕組みです。
それは、入居者は一度、不動産会社に家賃を振り込みます。
そこから、管理している不動産会社がマージンを引いて、そこから大家さんに家賃を振り込みます。
100パーセントを大家さんが家賃をもらえるわけではないのです。
しかし、満室・空室にかかわらず毎月定額が入ってくる仕組みになります。
そのため、空室が続くと、不動産会社は痛手を見るので、入居者を探そうと必死で空室募集をしてくれます。

 

この制度がない場合は、直接、入居者が大家さんに家賃を振り込みます。
今現在、入居している人からのみの収入なので、
仮に全ての部屋が空室だという場合には、収入はゼロということになります。
大家さんは自分でアパートの清掃をしたり、共益部分である外の外灯なども変えたりしなくてはなりません。

 

どちらの制度が自分にあっているのか。また、そのような制度があるかないかで、せっかくの不動産投資を活かせるかダメにするかにもかかわってきます。
これも賭けの一つですね。
よくよく吟味して、余裕のある大家さんになりたいですね。